ア歯の黄ばみジア乐龄知恵生活展銀髪産業交流プラットフォームを作成する

<p」アジア抗加齢介護産業展及びアジア乐龄知恵生活展が昨日に(じゅういち月26日)に高雄展覧館で盛大に開幕まで延期、28日まで行われ、同時に第さん回世界大会招待健康、2人がノーベル生理学医学賞を受賞講演.2展は海外42カ国の専門家の学者、130家のメーカー、合計300個のブース出展、銀髪産業ベスト交流と協力のプラットフォーム、6万見学者.急速な高齢化による銀髪産業発展機に主催側、敷物康国際会議顧問会社の社長吴政典は、人口の高齢化は全世界の注目議題については、来年期待国内老年人口が高於0からじゅうよん歳人口が、2017年台灣が全世界の第ご実施介護保険の長期の国家で、膨大な白髪商機反転消費形態、予想派生商機ガンダム8000億.じゅうさん国、130社メーカーが出展吴政典によると、アジアの抗加齢介護産業展及びアジア乐龄知恵生活展は国内の高齢化社会の特別企画展が集まり、台灣、日本,韓国、オランダ、シンガポール、オーストラリア、フィリピン、ニュージーランド、中国、イギリス、フランス、アメリカ、マレーシアなどのじゅうさん国が参加し、分を遠隔健康管理、家庭や行動辅具、医材や介護顧問サービス、健康生活の促進、食、健康、享楽人生、医美生計、メディアや展示業、政府や公協会、国家館など10のブース、合計130メーカー、300のブース.銀髪産業交流協力のプラットフォームを最高吴政典期待を通して展示、各国最新製品や最優秀銀髪の世話をするソリューションを、本土と医療産業良性競争者を交流させ、医療製品、白髪のサービス化、また協力医療者を国内全世界と人間ネットワークプラットフォームを構築し、最高の交流と協力を銀髪産業新しいプラットフォームをつくり、銀髪産業のサービスモデル、一方、透過展覧教導民衆の白髪の産業の認識.第3回世界健康大会も第3回、世界健康大会では初となる、そして未来3年とも引き続き、引き続き、3年目の中では.吴政典は、世界健康大会は糖尿病、認知症、老年病、内分泌と代謝を重点として、両大会招待ノーベル生理学医学賞大師トーマスc .=”” südhofとerwin=”” neher来台、発表医学新傾向は、国内の医療学研界年度イベント、産業のトレンドフォーラム欧、焦点距離亜、日高齢化市場商機及び知恵医療、介護のトレンドと日本から、デンマーク、韓国銀髪介護産官学界の交流を分かち合い、ビジネスや最先端ソリューション.高雄視認性向上発展コンベンション産業吴政典強調し、わざわざ2展会选高雄で開催され、世界を通しが展望科学技術の国際的な白髪の専門の国際展、向上高雄市国際視認性は高雄コンベンション産業の国際化の新しいページを書いて.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です