一夏歯の黄ばみ休み

夏休みが終わり、学校に帰りたくなかった心がある.学校は私が多すぎると禁錮て.私は毎日学校あるいは寝室で、あちこち歩きます.面倒な

私は面倒だ,

家に一日家にいると、修身として修養だ.安逸

安らぎを感じてた

.座り込みの中と同様、休みになって喜んで帰宅,家にいる時は帰校を渇望しています.私はとても勝手に気になって、あの1部の渇望渇望することはありません.私はいつも多くの自由が欲しいです、もっともっと欲しいです.私はもっと勝手になり、もっと多くの地方に行きたいと思っている.私はもっと早く社会に溶け込んでいるから.私は大学以前のキャンパスに比べて、私は今も満足している.私はようやく自分の時間と空間が自分の好きなことをして自分の好きなことをすることができました.私はインターネットを利用して,歯の黄ばみ、私は私にインターネットを利用することがなくて、私は勉強することを束縛しました.この世界、私は20年の井の中の蛙になって.未来の道は私はまだ1対翼が欠けて、私は飛ぶことがもっと遠くまで飛ぶことが必要です.夏休みはこれで終わり.私はただ平板で生活することを続けて,後にやっと平凡な記憶がないことができます.自分のあのように走っている心を静めて、しばらく井戸の底に帰って、後に走って遠く走っています.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です