冬に太陽の歯の黄ばみ利益の冬は日の最優秀時間を日にします

Pは寒い冬に入り、多くの人が家にいるのが好きで、おっくうが出ている.このようにとても健康で、日に焼けてあたたかい太陽に晒して、しかも冬季に太陽のの利益はよけいに.冬には太陽が何のメリットがありますか.冬は太陽の最優秀時間は何時ですか?一起きてみようか.

冬には太陽の利益

をします1、風邪とインフルエンザを予防する<1/p>を予防する疫学、冬は風邪、インフルエンザなどの呼吸器伝染病発病率が高い時には.日光の中の紫外線は1種の“天然の消毒剤”で、多種の呼吸器伝染病のウイルス、細菌を殺すことができます.冬の太陽を殺すためにだけではなく、皮膚に細菌を助けることができる、そして人体に大量の生成とビタミンD、有効的に人体の免疫の機能を増加し、マクロファージ活力、免疫力を高め、呼吸器感染症予防.

p2、美容スキンケア<P>多くの人が知っている

日差しの中の紫外線は皮膚に大きく損傷し、同時にも起こして体内のがん細胞から、春夏シーズンは、ずっと提案しない太陽が、冬の太陽が違うため、冬の太陽の中の紫外線は比較的に少なくて、人体に対してどんな危害がない、そんな日光に干すに気持ちいい、しかも肌にも修復作用.

歯の黄ばみ

歯の黄ばみ

P3、うつ病

冬は昼が短く、夜が長くて、日照が減少し、高齢者がないようによく出かける日光を受け入れて、脳内の松果体分泌の褪黑激素が増え、抑制喚起の細胞の活性化と元気になりチロキシンやアドレナリンの分泌は交換して、うつ病が落ち込むや頭がぼうっとする、幽霊に浜風などの症状.そのため、老人は穏やかな天気で、外で日向ぼっこに参加し、文体娯楽活動が、褪黑激素減少、チロキシンやアドレナリンの分泌を発起靑春活力を一掃し、うつ曇り空.

よんしよ、癌魔

を防ぐ疫学研究の実証、ビタミンD合成不足は、乳癌、リンパ球、卵巣癌、前立腺癌など癌の危険がアップすると証明します.そして太陽は、活性化を促すビタミンDの合成を強め、BとT細胞の免疫調節活性を効果的に抑制や分化細胞の増殖を抑え、癌魔に襲われる.

歯の黄ばみ

歯の黄ばみ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です