心の歯の黄ばみ美食は美だ

を食べるとしての最大の旅行を楽しむ人,シアリス,通称食いしん坊旅行家で、これらの人の最大の特徴は蟻の堂参り、各地で通り過ぎる料理レストラン、とやかく言う、各地のシェフが最も恐れてこんな人.一部の人は比較的に行って、輸出を傷つけて、しかし比較的にきつい人輸出無礼、多くのシェフと心の中ではでん食べさせて、あなたに怒られた.きっと心は味じゃなくて.

美食地域差が非常に難しいが、公平な論断良し悪しその話聞いて、客観的で、まるでアメリカンコーヒーを飲み慣れた人で、実が不足トルココーヒーの良し悪しに語る.私は1家の有名な星のカフェトルココーヒーを飲んで、やっと発見は実はコーヒー少ないろ紙だけで、殘りかすを後に殘る醸造杯の底、味と食感は私はあまり受けられる.しかし、食の文化、習慣から、自然に習慣なので、あなたが地元の人のコーヒーはおいしいですか?たとえ苦しくても、悪くないよ..

p>には多くの人は<を食べると旅行の楽しいかどうか要素だが、度々いい後は悪いの結果、特に標榜よく食べ、住みよい.一度は、私はタイに従っての旅行団と呼ばれる泰おいしい団名は体を表すから、やっぱり,歯の黄ばみ、朝食食べ夜食、旅行は1週間になって、多く増えて太って、帰国後の初仕事はダイエット.この時、旅行になると負担し、非を楽しみ、食べるための要素は旅行中の期待、かえって任務.

Pはおいしいとはひもじいと関係があるという心理学者は、おいしいとは飢えてもハングリーとは関係があると考えて.世纪のきゅうじゅう年代まで、私ロシア旅行を見つけるために、一日で、私は地元の特色の美食、一日中食べて無いもの、最後についに食べて伝統のロシア大餃子、大いに満足と感動して、その時私は本当に信じてこれは天下一美味しい.

2年後、私はロシア大ギョーザをそそる味覚記憶、わざわざハルビンに着いて、準備して列車に乗っ綏芬河中ロ国境までの大ギョーザを食べ.ふとした綏芬河迷い込んで散歩している時、レストランで食べた本場の羊肉送電、上等のおいしい食べ物、特に冬に雪が降ると、暖かいと羊肉の煮込み汤真は得も言われぬ.

ある人は言います:“かつて飢えていた人を、食べ物がけちをつけて、話は体験談を、しかし劣悪な食べ物と精緻な美食、はもっと高い教養と食品の尊重.」

私が電車に乗る前に列車に乗って、恐らく長旅飢餓、用意したパッケージの食べ物を過ごし、良い長い旅.俺の隣で座ってた乗客は老夫婦が、途中無声黙って、私は心の中で:彼らはどうしても空いてますか?食事もしない?私はすでに空腹で、食べ始めた.

しばらくして、古い夫婦座席で準備食事、男から旅行鞄を出してひとつの白布を足に、いくつかの卵から取り出す、小さな箱を取り出す塩卵の上で,男がかぶりつく後、卵を食べて女に渡し、などの女たが、二人とも身につけて持ってきた水を飲んだ後、再び白布を片付けて、終わった」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です