抜き終わって缶が涼しく食べるか細い解吸い玉後の歯の黄ばみ五大事項に注意を払う必要が

ご存知のように、人々は吸い玉養生方法を取る時、その吸い玉完成後、吸い玉後に関する注意事項は,真剣に理解し、またある人は吸い玉後に少し好き清涼食品、じゃあ、きれを抜くか缶後涼しく食べる食物は?これに対して、本文は次の注意事項を吸い玉後紹介を行う.

吸い玉

の注意事項を必ず守る、それこそが急速にいろいろな病気治療、体が健康で.専門家に教えて、吸い玉前に必ず食べすぎないこと、そして、心臓病や皮膚疾患、伝染病の患者が一番しないで吸い玉!で吸い玉の前には必ずできなければ消毒作業をもたらしやすい肌の不調が出や感染.

第1:吸い玉後出し水泡

pは、水疱も特別な緊張もいらず、この主は、殘時間が長すぎるから.もし皮膚に現れたのは小水疱、そんなに特別な緊張もいらない特別な処理を防止しさえすれば、感染を起こしました;もしは泡で、そんなに一番きれいな針をつついて破って、令奥の液体を流して、そして図上流でi額ゲンチァナバイオレット、こんなが有効な予防感染状況.

第二:吸い玉の後で保温に注意し

は吸い玉後注意事項で重要なのは、吸い玉後患者の体が弱って、そして全身の毛穴も大判の状態で.この時に注意しなければ、令風邪が体内に侵入し,だけでなく随分体が急速に回復してしまうかもしれません健康、令疾病を強め、そして患上寒風と寒気が風邪を引いて,歯の黄ばみ、この体には非常に不利な.

第三:吸い玉後すぐに風呂にできない

は吸い玉後注意事項で漢方薬の1つが、たくさんの人が好きで吸い玉後すぐに風呂に入って、というより清々しく.しかし専門家に教えて、吸い玉後すぐに風呂にないほうがいい、私たちが肌をもたらしやすくて二度を、体は非常に不利.

この主な原因は、肌にダメージを吸い玉.だから吸い玉後はもっと敏感肌の弱いと、もしこの時を入浴して、そんなに皮膚の炎症を起こす情況が現れやすい.もし洗いシャワーなら、もっとひどいことだけではなく、皮膚が傷を受けて、同時に大判の毛穴の中から水蒸気が体内に入り、風邪が出やすい.その様子を探しています.だから、吸い玉後すぐに風呂にできない.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です