抜き終わって罐どうして入浴できない抜罐後いつに入浴するの歯の黄ばみが良い

私の国では、この伝統漢方医の養生方法吸い玉の民間では人気で,歯の黄ばみ、吸い玉前後を皆さんに知って必要事項も見逃せないのは、一般的には、抜いてはけしからん完罐後すぐに風呂に、さあ、終わった後にどうして罐を抜いてないが入浴することができますか?

p>罐は漢方医を抜いて<伝統の養生は病気を治す方法、民間でもとても人気があって、多くの中高年の友達によく自分を罐家で,一部の人にも吸い玉の後に衝風呂をリラックスして、これについて専門家によると,きっとすぐに抜いて罐後に風呂に入って、さもなくば容冷えやすい、または皮膚を損傷.

p>を過ぎないで<罐急いで入浴

私たちと温かい澡水や温かい罐、洗って再を抜いて洗って、終わってから気持ちいい.しかしこの順番は注意して、お風呂に入ってから抜い罐が、絶対に後すぐ風呂に入っては吸い玉.それは抜罐後、皮膚は一種傷害された状態で、とてももろくて弱くて、この時にお招きやすい肌に破損して、炎症を起こす.もし洗いシャワーであれば、皮膚、毛穴の開きの状態、冷えやすい.だからきっとすぐ入浴後を吸い玉.

吸い玉

した後にどのくらいお風呂に入っては

p>を抜いてないで<罐時間超じゅう分

多くの人が言う

罐この抜いて少なくとも半で、ある人は抜いて体現罐の才能水疱を抜いて効果を持って、特にいくつかの老人という観点が多い.そして抜罐本当に時間が長ければ長いほどいいですか?実は、罐に抜いて罐大きさ、材質、負圧の力が違う.しかし一般的には少しのぼせるで、缶は10分を超えないと良い.抜いてから罐の主な原理は負圧ではない時間を、もし負圧大きい場合吸い玉の時間は長すぎる抜く水疱まで、このようにだけでなく、皮膚を傷つけ、皮膚感染症を引き起こすかもしれません.