排便は超3分もないと痔が起歯の黄ばみこりやすい

ハルビン医科大学の付属の第4の病院肛肠外科主任田素礼

は便座に座って、どのようにも列を出て、どのようにも出てくることができなくて、この時排便の時間も長くなって、さもなくば痔を引き起こすかもしれない.

p人の排便は2種類方式、一度式と二度式.一回式は排便反射で反射して、腸糞便を排出する.二次式は排便後、第2回の排便衝動、再び腹圧とたるみ肛門括約筋排出殘存糞便を増やしています.二度の排便の間隔の時間長、しゃがむ時間長、肛門のまわり静脈還流、より痔が容易になりやすい.

pは正確な排便の方法は短縮時間を短縮し、痔を予防します.例えば、排便感が明らかにすぐトイレ、久忍大便;トイレに専念して、遊んで、新聞を見ないで携帯電話など、排便動作終瞭後は少し休んで、第2回に排便感などの発生時、排便動作が強引に排便;不可和式トイレが長くて、実際で排便所要時間が短い、排便に~さんのアクション約いち分を超えたらさんは無意味分から、やめなければならない排便;排便の時は力を入れすぎないように猛は、損傷肛門、ゆっくりと力増加;理論的に肛肠角ほど、直腸が直、排便がスムーズにので、採用しゃがん姿、または座りに足の下で小さなベンチ、排便困難に時計回りに腹部をマッサージに利益があって、腸を刺激、増加して意味があり、直腸に寄り添い尾骨後方らかって、そっとたたくらかっ尾てい骨に力を伝達して直腸は、振動刺激腸を振動刺激し、排便.

pは後の肛門保護、痔予防に必要なのは必要です.第一、排便の後、意識的に3~5回肛門収縮、括約筋機能、疲労回復.第二、マッサージは、局部血液循環を改善することができますが、方法は、ソフト紙で肛門部には、右の時計と逆時計回りに、10~20度のマッサージでマッサージすることができます.第三、ぬるま湯で坐浴後には、皮膚のしわをきれいに洗って肛門内の汚れも、血液循環を促進して局部に肛門のクリーンと生理機能が重要な役割を.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です