歯の健康の重要性について|歯をよく保護しよう!

世の中に歯の健康は全身の健康の原点だと言われています。では、どうして歯の健康はそんなに重要なのでしょうか。当サイトでは歯の健康についてご紹介いたします。自分の歯の健康をよく関心しましょう。

私たちの生命活動は、言うまでもなく食べることによって支えられています。食べるために無くてはならない器官が“歯”。ところが、歯の寿命は、長くなった平均寿命に追いついていません。では、歯を失う2大原因は?…それは歯周病とむし歯。なかでも歯周病は、糖尿病や心臓病と同じ仲間の生活習慣病に位置づけられています。

日本では「歯周病」で歯を失う人が多くなってきており、とくに高齢になると、歯周病で歯を失う比率が高くなります。歯周病は、歯を支えている歯肉やあごの骨が徐々に破壊されていく病気です。正しい治療やケアをせずに放置していると、やがて歯がぐらぐらになって抜歯を余儀なくされます。

歯周病の直接の原因は「歯垢(プラーク)」です。プラークとは、歯の表面や歯と歯の隙間に付着した細菌の塊です。歯周病予防には、日ごろからプラークを付きにくくするとともに、歯に付着したプラークを歯ブラシやデンタルフロス、歯間ブラシなどを使ってこすり落とす必要があります。

歯周病が糖尿病を悪化させることから、歯周病を治療することでTNF-αが抑えられ、インスリンの働きが活発になり、血糖コントロールが改善されることになります。
実際に、糖尿病患者に歯周病治療を行ったところ、血液中のTNF-α濃度が減少し、血糖値の改善が認められたことが報告されています。

当サイトでは、歯の健康についてご紹介いたしました。歯の重要性はきっと分かるでしょう。だから自分の歯の健康をよく関心して、自分の健康をよく守りましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です