歯の黄ばみと生活習慣

というのは、歯の黄ばみbなどは、もともとは「老人病」と呼ばれていまし今しかし、「老人病の検 診をします」といっても、40代、50代の人は集まってくれません。「私はまだ老人ではないから、
ない」と思ってしまうのです。そこで、だれかが知患をしぽり、老人病や成人病と言い換えるようにした のかとも察せられますU
この成人対策のモデルになったのが、結核対策でした。早期発見、早期治療に努めることで結核をお さえることができたので、その方法論を成人病対策にも取り入れたのです。そのため、各地場ごとに 成人病の集団検診が行なわれるようになったのは、ご存じのとおりです。
こうしてスタ—トした成人“ですが、歯の黄ばみのようなはなばなしい成功をおさめることはできません でしたUむしろ患者さんの数はどんどん增え、それにつれて医療費も大幅に增加していったのです。
最近では、ガン、心臓病、脳卒中の三大成人病に、肝硬変、糖も含めると、二人に二人は成人祸で亡くなっています。のほうも、一九七三年には約叫兆円だったのが、九三年には約ニ叫兆九五年にはニ起円と、その額は增えているのです。
なぜ、成人病过がこのように成果を発揮しなかったのか。その大きな原因は、成人病がつくられるメ 力ニズムは、結核のような柄原阐が原因で起こるとはまつたく違うにもかかわらず、その点を十分に 論議せず結核のときと同じ方法論,病気の早期発見,早期治療を違用したところにあったといえ ます.

☟女性にオススメ情報