歯の黄ばみを簡単に取れる方法についてのご紹介!

♣歯磨き粉を使うことで歯を白くする

自宅で簡単にできる方法があれば一番手軽で安心です。まずは歯の黄ばみを取る定番の方法としてホワイトニング歯磨き粉があります。色々な種類がありますが、「薬用ハイドロキシアバタイト」という成分は歯の表面を平らににし着色しないよう予防する働きがあります。この成分の含有量が多い効き目のある歯磨き粉は主に歯医者さんで販売されていますよ。

基本的なホワイトニングだけでなく、さらに「マクロゴール400」という成分をプラスした歯磨きはたばこのヤニを溶かす働きがありますので、喫煙者にもピッタリです。ほかにも口臭予防の殺菌成分入りなど色々な機能性を持ったホワイトニング歯磨き粉がありますので、自分の悩みに合わせて選ぶとよいでしょう。

またコツとして歯の黄ばみを取るには、フッ素で最後に仕上げをするとエナメル質を強化する効果があります。フッ素コートジェルと呼ばれるものが販売されていますので、いつもの歯磨きと併用して使いましょう。

ホワイトニング歯磨き粉はこれだけで十分効果が期待できそうなのですが、使用の際には注意すべきことがあります。ホワイトニング歯磨き粉は商品の質や歯磨きのやり方などにより効果に個人差がありますので、何か問題があればご使用をやめてください。

♣ 歯の消しゴムを使う

歯の消しゴムは黄ばみを取る効果があり、近年とても話題になっています。コーヒーや食べ物によるステイン、たばこのヤニなどブラッシングだけで取れない黄ばみ対策として人気があります。

歯の消しゴムの使い方ですが、まず歯と消しゴムの水分を取り、汚れている部位を優しくこすっていきます。使用後は歯ブラシと同様に水でうがいをすれば完了。消しゴムの汚れは1㎜程度切り落としておきましょう。

歯の消しゴムは簡単にどこでも使用ができる事や、携帯できるので外出先でも手軽に使えます。しかし、消しゴムを使いすぎると歯を痛める可能性がありますし、歯茎にダメージを加えてしまう場合もあります。こすりすぎると逆に歯の黄ばみ原因になることもあるのでご注意ください。

また歯の消しゴムだけで真っ白になるワケではなく、効果も人それぞれですから普段の歯磨き生活に上手くプラスするとよいでしょう。

♣ 重曹を使う

一般的には歯磨き粉の中に「重曹」が含まれたものがあり、歯の黄ばみを取る効果が高いといわれています。重曹はたばこのヤニ、歯の黄ばみや黒ずみを落とす働きがあります。

重曹を使う歯の黄ばみを取る方法は、とても低コストでできる点が魅力ですね。一般的にスーパーで販売されている重曹は100gで100円程度ですからコスパがとても良いメリットがあります。歯医者に通う手間もなくいつでも自分でできる方法である点も嬉しいですね。

しかし、重曹は研磨剤としての働きがありますので、強く歯をブラッシングするとエナメル質にダメージを与える可能性があります。ホワイトニング効果は歯の黄ばみの強度によっても異なりますので、効果は人それぞれです。自己の歯磨きで歯を傷めないように重曹を使用する時は十分注意をしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です