歯の黄ばみ授業を受ける

最近私の学校の文化の授業の先生の何節の新しい授業を聞きました.先生からの教育経験年数や年齢の違い教材を理解し、授業も,歯の黄ばみ、とらえ教室の能力などの方面に一定の違い.

はまず、教学理念に:自主学習が主導になり.教室教育は学生が教師の指導のもとで自発的に探究し、学生と学生間協力交流の下で教育の.教師と生徒は、教師とレシピエント、学生は、学習の過程で、教師は、学習過程において、指導者と協力者として、学習の過程で、教師としては、教師として,学習の過程においては、教師として.

p次、知識を教える方式に:1、1つの良い初めは成功の半分です.斬新な、巧妙かつ実用的な導入、学生には知識の思い出,生徒の関心を集めて.2、1つの授業を重視する授業が1つの中心を確定して、そして中心展開する教育を展開する.3、達成重点、難点の教育目的を解決する.4、知識の間の内在的な接続性を重視する.5、この節の授業の感情の態度の価値観の目標を実現する目標を実現する.

は再び、課程の資源の使用上:合理的にマルチメディアの補助教育、教学過程の最適化を実現.課外関係の知識と素材、学生の思惟を訓練、実際に学んだことを実現する.