歯の黄ばみ本を読む

路ぬかるみが今まで歩いてついて,歯の黄ばみ、静かに振り返ってやっと発見して、靑春は人生のように、時計、歩いた界は起点往復だけではなくて、夢のように私の気持ちを整理入滅、散乱して、回億あの逝去の年月で、とても昔に戻って、事実私は帰れない.

は大切にして、たとえひととき、楽しいだけでいい,生生きにくいよりかけがえのない、あなたはそれを見てにぎやかな群衆は、あの生きの楽で、仏、下ろしたのは置いて、下に置いて、あなたは楽しみを得た.

p>私<書くのは気持ちのように、心に一気にこの漂,漂着どれ、それではどれ、時々も知らない自分で書いたのか、何を言いました.

今切ない、読んだ『人生』の作者梁遇春酔中だったと言う、若者に死んだ人は、人々の記憶の中では永遠に若い、思いがけず梁26卒ので、梁の人々の心の中は永遠にスマート、満は才気の少年.

梁能は生死に見るほど薄くて、私何惧生老病死だ、ただ私は若い顔で老いてゆく、古い多少困惑気味.

私この湖の活魚、遡上はない、死んだ、世の中流れ渡り.