歯を美白するために何を食べますか

1、オレンジ。です。オレンジのような鮮やかな果物に含んだクエン酸は歯に美白作用を果たします。ただ食べ過ぎると歯表面エナメルを磨滅してしまうから適量食用しましょう。

2、梨です。梨は嫌がられた口臭とシミの歯の細菌群落を中和できます。 汁は唾の分泌量を増やして、食べ物の残渣を洗い流してしまって、歯清潔さと光を維持します。

3、リンゴです。たとえリンゴを咀嚼するとメリメリした音がおそらく嫌がられても、りんごは歯の健康に役を立ちます。 リンゴのもろさは歯ぐきの力量を増強することができて、それに比較的に高い含水量で唾の分泌量を増やすこともできて、口臭とデンタルプラークを引き起こされるの細菌群落を中和と分散します。

4、イチゴです。 アメリカ歯美学学会主席アーウィン · スミス罫爾博士がそう考えています。 たとえイチゴは明るい赤色を持っても、主成分林檎酸が1種類の天然収斂剤として歯表面褪色を取ることができます。新鮮に多い汁のイチゴはサラダ、デザートとミルクシェイクを作るのに用いられます。日常生活で簡単に食べられます。

5、植物の種とナッツです。 アメリカ歯科協会のスポークスマンマシュー · メイシーはこの少し粗雑で硬い食べ物を咀嚼すると歯表面デンタルプラークシミを摩擦することができます。 午後アーモンドを食べたら、それはタンパク質と健康な脂肪を大量に含むばかりかその上、めりめりとまだ生粋の真珠の白い歯を擁させることができます。

歯健康を保護して、以上の食べ物を忘れてはいけません。