気になりますか?「歯の黄ばみ」

歯の黄ばみは人によって程度や原因が異なるため、個別に対応する必要があります。
症状から大まかに2つタイプに分かれます。
①なんとなく全体的にきばんでいる
②一本、あるいは数本だけ隣の歯と色が異なる
日本では戦前から戦後の昭和ニ十五年ごろまでは、死亡原因の第一位は續でした。續は死にいたる 病として恐れられ、とくに劣悪な環境で働くi工場の若い女工さんたちの多くの命が奪われていったも のです。ですから、戦後の国民の健康管理の大きな1に、結核対策があげられたのは当然のことでしょう。結 核予逵という法げもでき、栗将は集団検診をしたりして、結核死に努めたわけです。そして、スト レブトマィシンという特效薬の出現などもあって、昭和.一十六年からはS死が減って、脳$が死亡原 因の第一位を£めるょうになり、昭和-干$になると結核死は激減したのです。
昭和三十茂には、死亡原因の第一位は脳卒中、第二位がガン、第三位が心臓祸となり、續は第四位に落ちます。こうして結核策が一段落したあと、厚生省が力を入れたのが、成人病対策なのです。
昭和三士二年二月には第一回成人病予防•が開かれ、40~60歳ぐらいの働き盛りに多 いそれらの疾患の対策課題としたわけです。このとき、はじめて成人病という名称が世に出たので す。この成人病という呼び方は、睬学證|のょうに思っている人が多いのですが、じつは病摆的路用語でもなんでもなく、このとき厚生省がつくった、をひかえめに「成人」と表現した、いわば〃行政的用語”だったのです。