竜骨の歯の黄ばみ効能と作用

竜骨は漢方薬の一種で、その主な役割は、町を鎮めて、快眠びっくりの役割は、我が国の多くの漢方薬にも有用である、民間民間療法にも役に立つから、1種の用途が広い漢方薬、下に見てみますと効果があるのだろう.

竜骨、別名:ローバー遺伝生、ナジャー骨、生竜骨、焼く竜骨、赤身、青化竜骨竜骨、花竜骨、白竜骨.古代の哺乳類如象類、サイ類、三趾马などの骨格の化石.杉形あるいは円筒で、多少曲がっている、歯に似ていて、多くの歯の、多くの.この品は渋くて、涼しくて、鎮を鎮めて、煩わし驚かし以外熱、治におびえて、眠れないで、同じ龙齿きゅう、く~15g水煎じて飲む.

竜骨竜骨竜骨:竜骨の効能と作用:

<p」、町安心神:①にうつ症見忘れ動悸、不眠の多い夢など、お常と生亀板、菖蒲,歯の黄ばみ、オンジ各等分研末水丸服、例えば枕中丹.不眠症を見て②に、短気怒り、不寐眠れないで、甚だしきに至っては徹夜、めまい痛みは膨れて、目の赤い耳鳴り、口苦など、お常と茯苓、菖蒲、ウコン、ネムの皮、酸栆仁、真珠母と同じで、夜交藤.狂気③に会い、精神錯乱症、暴れだす不安、気違いじみたたわごと、怒無所泄など、お常と赭土、大黄と同じで、ぼうせきで,竜骨収渋い浮き越の正しい気風.<>

二、生筋集めに疮疡潰れ瘡腐久しくぇや臍瘡流水、刀傷出血などの証と枯矾各等分研末外用.

三、平肝潜陽に高血圧による頭痛めまい、イライラなどの証明、お常と牡蛎、生シャクヤク、白薇、菊、钩藤、ゴマノハグサ、テンマと同じで.

4、渋くて腸まで利:大腸虚に滑り、久しく利が止まらず、脱肛.益の息を集めて汗に心ない腎气虚固、虚陽浮き越の汗をかき、多く見ていらいら動悸や発熱の症状.生筋合瘡に臍瘡、虫垂炎、内疳や刀傷出血、久しぶりに黙れ!など.

5、収渋い固脱に夢精、こしけ、自然発汗,寝汗、月経過多などの証明、お常と同じ牡蛎、山芋、海そうひょう蛸、駆虫などで、例えば竜骨スープ、清帯スープ、二たす竜雄のスープ.

六、竜骨に含まれる骨髄に、柔軟多脂こしらえるの骨髄が放出する.骨骨髄は味付け汁、スープ、煮込んだ料理に加え、イタリアシチュシチューに加え、熱いうちにポチとしても塗らちゃん.

七、竜骨治スープ火傷:竜骨、生石膏、大黄、カテキン各等分し、全研極細末、寒いお茶調稀ペースト.患部はガーゼカバー、ガーゼ蓋(顔面蓋)、1日置きに1回.としても、

八、竜骨治チフス脈浮き、医は火迫永劫の、亡阳、必ず驚狂、臥から不安者:桂枝(皮)左官、甘草(肉)100グラム、生姜左官(切る)、大きいナツメ十二枚(擘)、カキ(1)五两、蜀の漆(左官生臭い)に、竜骨四二.七味にする

☟漢方薬の情報