簡単歯の黄ばみな人生は楽しいです

の窓に立つ前に、見て立体交差橋に時間との競争の思い出が車を見ていて、都市上空衝天荒れ狂う煙,歯の黄ばみ、幸い自分を生きる繁栄の桃源郷で、1部のまばら清涼のあっさりしていると静かで、楽しみは別の幸せと楽しみ.

来グラウンドでどこもかしこも流れる光に、朝が漂ってきて枝の香り、婉曲な鳥語、環状道中,四肢を存分に広げ、貪欲に清新な空気に呼吸して.大自然の贈り物に感謝するために、私はいつも軽く両手を並べて、ゆっくりと両足を担ぎ、運動場は数圏へ走って.そして、ラケットを振り、楽しい回転天使、楽しみにしてぴょんぴょん往復にします.

オフィスに入り、コンピュータを開き、勝手にブラウズたり、何篇の文章を書くのか、とても心地よいことである.いつの頃からか、僕は恋に落ちた文字が好きですから、深く淺い诗行に、不器用に解読作者優雅な考え事、長い短い文の中で、無理に自分の気持ちを書いてみ.四角ばった文字はスクリーンの前に広げた道ですが、私は置いてきぼり仕事が忙しくて、右にこの道を切り、時間はキーボードの上でジャンプ、拾って思い出は光にフロート、入力楽しい光ファイバに伝える.

美琴に座って、日光に近い場所には、新緑の盈の方向、大好きなバギーを出して.撫でる色が深いマホガニー、長い穗儿保持ぶら下がって、まるで美しい竹林に置いて、さらさらと流れる水、重い指で、拙略の技巧を吹く一曲多情な巴烏.指の起伏、高低違いの楽しい音符、7つの穴からとびちる七色の人生.

子質の堂前、私はひっきりなしにコピーして千年の開放的な二本の桃李、彼らの根が蔓延して、彼らの花香飄満彼方.中学受験の日はますます近くなって、曲は結局の人のばらばらな物寂しいはかえってますます薄くなります.年の間に、私はいつも点火のろうそく、私は他人を照らして、も暖かいです.

私達のここは流通の通貨は誠実で、楽しいと友情を買ったのは、君は清廉潔白、あなたも楽しいよう神様.

p実は幸せの方式は多く,私たちがよく横物欲の物欲によって遮ら、目の前の幸福、幸福の道と幸福を探している.

私は実は楽しくて、知恵と技術が必要でなくて、とても簡単に、知恵と技巧が必要でない.生活自体が楽しいので、簡単に生きている限り良いです.