肉殺菌、歯の黄ばみ100℃で徹底的に

食品の安全性は、大きな程度で調理過程で加熱する時間と温度.自分の良い消毒関は、最大に多くの悩み.微生物や寄生虫は二大禍根日常の食品の中、生鮮食品の動植物がとても大きい割合、たとえば新鮮な野菜や肉蛋など.これらの食物の栽培や養殖の過程の中で、様々な小さいもの”――たとえば土、空気中の微生物は、家畜、水産品の中の寄生虫を食べ物に「住む、さらに生きるの食べ物に.この小さなものには無害なものがあり,気をつけて病気になることもある.に食源性腸の伝染病や寄生虫病の因子は有害ですが、それらの抵抗力は強い:加熱沸騰、使用化学消毒剤もそれらを「死亡、喪失人の健康の脅威.だから、健康防御は難しいと思っても.生食靑果必ず洗浄、消毒新鮮な野菜と果物を染める微生物や寄生虫卵後、下痢や寄生虫病を引き起こすことができる、例えば下痢と回虫症.水の流れの浄水は洗い流して、更に機械を洗って、大部分の有害因子を取り除くことができて、また消毒、安全はもっと保障されました.果物と部分野菜は直接生食の(キュウリ、トマトなど)はできるが、先に清水で洗って、表面が滑らかでないようにして、表面がなめらかな.一部のことは皮をむき、一部で化学消毒剤(例えば過マンガン酸カリウム、塩素消毒剤など)には数分、湯でやけどをして、これらはすべてとても良い消毒方法.野菜は和え物の,和え物はお湯を入れて食べて、にんにく、酢などに殺菌作用のある調味料を入れたほうがいいです.動物性食品は徹底的に加熱する動物は養殖過程で受けている生物性汚染の機会が多い.病気の動物は、細菌、寄生虫とウイルスも健康動物の体内に根づくと言われています」.だから、どんな畜肉、家禽は水の製品は、養殖は野生ではなく、海水は淡水の、すべての動物性食品、生食、半生食べないほうがいい.ある動物性食品、特に水製品、生食あるいは少し加熱後に食べる、比較的特殊なうま味がある,歯の黄ばみ、同時に口当り.そのため、多くの人はプリプリ、加熱時間と温度を減らして、しかし動物体内の寄生虫、細菌とウイルスは殺します.その中、牛肉が引き起こした条虫病、刺身による肝蛭病と生食水製品による諾はウイルス感染が最高の例証.だから、いかなる動物性食品、清浄、天然、緑、徹底的に加熱することができます.とことん加熱は、食べ物をの温度に達するひゃくCを一定に保つ時間――視食べ物の体積の大きさによっては、少なくともたんぱく質が固まり、つまり目測鶏肉、魚が白くなって、牛や豚は羊肉になって淺褐色、甲殻がオレンジ色になって、特に加熱が食べ物の体積大きい時、きっと注意加熱時間を延長保証熟に外で、

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です