街歯の黄ばみ路樹

私がかわいそうな
はまっすぐに、黙って、全身風塵の
駅道の両側の木が
彼らが都市の中で最も普通の林緑
ゆれている甘んじに重厚な塵
ただガラス窓にすれ違う景色
あの空に花火のような盛大な
はあまりに慌ただしい

が朝や夕方
子供たちも綺麗な自転車に乗って
鼻歌を歌っている若い靑春歯の黄ばみ、
笑い声で木の前を通るから
歓声がめちゃめちゃ散在街路に
そこで記憶が通存在
その一つひとつ躍て浮かぶ光のかけらエリセーエフ

カップルたちも手を繋いで夜風の中にもなってい
店落葉のリンダウに
殘し一行行悠長優柔の足跡に
霞を優しく照らし空
彼らは内気な睦言
がもとよう錦の夕闇
一緒に刻んでそのおいぼれるのにまだ守り抜いた木の幹に

私に喜びの
はまっすぐに,鮮やかに,成長盛りの
駅道の両側の木が
彼らは通行人の目にいっしょに何の美しい風景の
心は故人永生貴重な思い出

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です