酒を飲んではならない7件の歯の黄ばみ事

大量にコーヒーを飲みます.カフェインは一種の利尿剤、飲酒大量にコーヒーを飲んで、体は水不足が激化させて、感じはもっとひどい.お紅茶、第二日多く水を飲んで、効果を回復することができて.2 .解熱薬を食べないでください.酒に酔った後に熱解熱薬を服用します(水酸基のエト乙はアミド)は有毒物質が発生する、肝臓の炎症、永久性による損傷.提案:翌日朝早くいち時間服用イブプロフェン.3.とサラミとハムを食べます.ソーセージとハムなどの脂っこい食品とされ、酒の王は一定の役割を果たして、しかしこれらの食品は酔うと、避けたほうが良い.油っこい食品は、そのために必要な栄養を提供することはできません.アドバイス:卵または巾着卵を食べて.卵中の半分は酸っぱくはアルコールを分解することに役立ちます.4 .運動しないでください.酒に酔って鍛えて、アルコールは利尿作用があり,酔った後に体内の水分が多く、脱水になりやすい.この時点で訓練すると脱水危険を強めます.アドバイス:涼しし、リラックスしてリラックスしてください.5、揚げ物を食べない.油揚げの食べ物はあなたに一的に快適に感じさせて、しかし何小さい時後に腹が苦しくなることができます.普通のパンや低塩ビスケットを食べ,低血糖,歯の黄ばみ、吐き気感を軽減します.また、飲酒でバナナを1本食べてカリウムを食べることができます.6 .酔い覚めの薬を食べないでください.酔い覚めの薬は一時的に酔い症状を抜け出しても、実際には酔って時間が延長することができます.提案:他の飲み物.鉱泉水はベスト選択.スポーツドリンクは電解質を補充します;低い酸度のオレンジジュースはビタミンCが補充できます;自然なジュースは血糖レベルを維持することができます.7.寝る前に食べないでください.寝る前に食べるものはアルコールを吸収することができて、これは1種の誤解です.提案:寝る前に水を飲むといい、体液、酔い覚めを助けることができる.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です