鎮咳去痰民間の歯の黄ばみ処方が役に立つの肺を潤すことを小さい民間の処方

寒暑の季節,冷暖房の空気勢力はかなり、気候が乾燥し、気温が変わる、アレルギーが増え、咳が出やすくなって.春の咳は普通清熱痰、養陰肺を潤すことを主とする.を紹介するろくの肺咳止めを潤すことの小さい民間の処方.

民間の処方のいち、杏仁煮込みシェリー

を甘い杏仁じゅうごグラム、皮に行って割って、シドニーいち洗浄皮だけ切片を、同入れて碗の内、氷砂糖をにじゅうグラム、放水の適量、置鍋煮込みぶり水さんじゅう分で服用する.毎日朝晩各1回,歯の黄ばみ、3~5日まで.

の民間の処方に、貝母煮込みシェリー

をシドニーいちだけはきれいに洗って、横断を核に行った後に入れセンバイモ末ろくグラム、それを二つに割れて閉じ,楊枝で固定、入れて碗の中で氷砂糖をにじゅうグラム、放流水適量、久しさんじゅう分煮.梨スープ、毎日1回、服3~5日まで.

偏方さん、成熟酢氷砂糖汁

氷砂糖ひゃくグラムを入れる容器に流し入れてつぶし、成熟酢450ミリリットル、液体に浸して溶かしてすぐ服用氷砂糖さんの日.朝食前、夕食後各服じゅうごミリリットル、長期服用咳止め痰効果.

民間の処方よんしよ、大根陳皮湯

大根いち、切片、鍋に入れて白いコショウ粒、生姜ごじゅうグラム、陳皮ごグラム、スープを作って、氷砂糖をごじゅうグラム.病気を早期に咳が頻繁に発生して、喉が重浊かゆみ、咳、痰の白清稀.

偏方ご、ラカンカ茶

広西羅漢果きゅう、くグラム、水を煎じて飲む.不快に咳、痰の黄粘は濃い不易吐き出しだす.

の民間の処方ろく、ヘチマ汁

秋のヘチマ、汁を取り、水蒸し.咳に時間が長い、痰は多く、色の黄粘は濃い、吐き出すことを吐くや熱臭み.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です