5種類の歯の黄ばみ方法を右足痛みを緩和する

p>と痛症多発40~60歳の中高年生まれ、足底腱膜の踵骨結節付きで慢性過労、あるいは骨増殖により、局部無菌性炎症の刺激によって痛み、表現を晨起後立ってあるいは長座起き上がり立つ時右足の部の痛みが激しく、行てしばらく痛みが少なく、立って歩いたり痛みが長くてまた重く.下記の方法を選択する治療を選択することができます.

薬物

インソール法にサンショウ、ゴシュユ、五味子各等分し、研究の末、靴のサイズに縫製布袋を入れ、薬だけ布袋に入れ、シール、靴の中ごとに5日交換袋に薬を一度だけ.

薬物塗布法イレイセン150グラム、短気の150グラム、生乳香ひゃくグラム、ケシ殻ごじゅうグラム、全研細末、酢でアンケートをペーストが広げて包帯にごmm厚の外敷患部、粘着テープで固定、24時間よういち度.

薬物

足浴法ヒカゲノカズラ、身にしみる草、艾葉、川椒、海桐皮、ムラサキナツフジ、ミミズや川乌、トリカブト、紅花、オウバク各にじゅうグラム、ヘチマ経絡じゅうグラム、制乳香、制沒薬各じゅうごグラム.上方加水2500 ml程度、煮沸してじゅうご分、加入白酒ひゃくミリリットル、薬の汁を置いてたらいの内、燻蒸、ひたす足、毎回にじゅう分、そして時計と反時計方向に交互にマッサージを右足じゅう分、毎日早晩それぞれいち度、1剤使用さん日.

指圧マッサージ法について穴昆崙、あまり渓、昆崙、下腿とアキレス腱の間のへこみ、平下腿高値で、あまり渓内踝とアキレス腱の間のへこみ、平内踝高値.毎日一回1回マッサージして、朝使うことを押して、親指の先端の先端はツボの上に押して、中に3回、外転して3下、3分ずつ5分.晩に押さえて法を押さえて、親指の先端の先端はツボの上で押して、1押し上げて、1つの穴5分.

など刷足法は毎晩お湯で足を浸した後、まず刷毛でたたくを右足部侧いち分ごとに、そして刷毛でブラシ動右足部いち分を打っていち分.(程怀孟河北省川市人民病院)

(責任編集:徐晓宇)