私たちの歯の黄ばみ今

P、風が寒くなる.私は星の神州の大地に満ちている大地、飲んで月千尺、殘留.

これはどれですか.千沟万壑;それは何ですか.支離滅裂;まだそこに、どうして砂漠.これは悪くない、天地日月、恒静は言うことがなく、靑山の川、代々連なり.それはただ私はあなたを古い伝説は、時間のトンネルに追いかけて人々に忘れ去られた古来殘夢.今は鉄筋コンクリートのビルの台頭がゆらゆらする」との剣を、この厚い立って、広い、荒廃した大地には、彼女は痛みを感じるときこそ,我慢できずに震えて.

いつからか、その時の月夜の星、現在の月が霞む.私は星の星を運転することを努力して,歯の黄ばみ、ずっとあの深い果てしない夜空.神様は私の前に簾を遮るか忘れて,その前を忘れて.誰が私の目には、私を連れて読む広大な無限の人波を出.帰る道を探すからには、このようにしましょう!

には、多くの心配、涙が先に流.

私は道に止まって、道には、先の希望は、迷い、迷っている.まっすぐな大路、私を歩いて迷路のように.私は左に来ると、左に左?右へ?